Top >  基礎化粧品の基礎知識 >  お肌に害を及ぼす成分 

お肌に害を及ぼす成分 

一般化粧品に含まれている、

主な合成成分を紹介します。


お肌に害を及ぼす成分ですので

覚えておきましょう!


●界面活性剤


油分と水分を混ざりやすくする物質。


有害な物質が体内に入りやすくなるため

乾燥やさまざななトラブルを起こす。


●パラベン


防腐剤・殺菌剤として使用される。


活性酸素を発生させシミ・シワをつくり出してしまう。


またアレルギーや皮膚炎などの原因となる。


●フェノキシエタノール


防腐剤・殺菌剤として使用される。


少量でも害を及ぼす効果は高く、パラベン以上の害があり

お肌への負担・シミ・シワを作りだしてしまう。


●ソルビン酸


防腐剤・殺菌剤として使用される。


染色体異常や発ガン性などの恐れがある。


アレルギー反応を起こしやすい。


●イソプロピルメチルフェノール


防腐剤・酸化防止・紫外線吸収剤として

使用される。


皮膚に刺激を与える。


発ガン性・環境ホルモンを引き起こす恐れがある。


●オキシベンゾン


防腐剤・紫外線防止剤に使用される。


有害な成分で強いアレルギー作用がある。


環境ホルモンなど人体に悪影響を与える。


●タール色素


青色○号・赤色○号・黄色○号などが多く

とくにメイク用品に多く含まれている。


発ガン性やアレルギーの原因となる。

         

基礎化粧品の基礎知識

基礎化粧品には自然派の物から一般の物まで
いくつか種類があります。

中には、お肌に害のある成分など
多く含まれている物もありますので
是非知っておきましょう!!

このカテゴリ内の記事


一般化粧品 
自然派化粧品(天然) 
薬用化粧品 
年齢に合わせた化粧品 
お肌に害を及ぼす成分 







Yahoo!ブックマークに登録