Top >  基礎化粧品の基礎知識 >  薬用化粧品 

薬用化粧品 

薬用化粧品は使用目的が

化粧品と医薬品の中間に位置する化粧品です。


厚生労働省が認めた成分が

配合されている化粧品の事です。


パッケージには医薬部外品と表示されています。


皮膚の殺菌・消毒などの

効果を持つ成分が入っています。


ニキビ専用の化粧品や

敏感肌用の化粧品などに多いですよね。


ただ注意しておかなければいけない事があります。


医薬部外品と聞けば化粧品よりも安全で

効果の高そうなイメージがありませんか?


医薬部外品は成分表示をしなくてもいいようになっていますので

中には、ごまかし成分が配合されている場合もあります。


化粧品には全成分表示が義務付けられていますが、

その義務を免れようと「医薬部外品」にしている

化粧品メーカーもあります。


合成成分の中に少し医薬効果のあるものを

配合させただけの化粧品も

あると言うわけです・・・(。。;)


正直、手に取っただけでは見分けは難しいので、

美容部員の方などに詳しく話しをしてもらい

成分の事など聞いて選ぶ方が良いかと思います。

         

基礎化粧品の基礎知識

基礎化粧品には自然派の物から一般の物まで
いくつか種類があります。

中には、お肌に害のある成分など
多く含まれている物もありますので
是非知っておきましょう!!

このカテゴリ内の記事


一般化粧品 
自然派化粧品(天然) 
薬用化粧品 
年齢に合わせた化粧品 
お肌に害を及ぼす成分 







Yahoo!ブックマークに登録