Top >  正しいスキンケア方法 >  乳液・クリーム

乳液・クリーム

洗顔後は、肌表面を覆っていた皮脂膜が

洗い流された状態にあります。


化粧水で水分の補給をしますよね。


お肌は、皮脂が出るまで時間がかかるので、

化粧水だけのケアだと

水分は自然に蒸発してしまいます。


なので化粧水のあとには、

乳液で油分を補い、水分が蒸発しないように

ふたを閉めてあげるようにしましょう。


よく、乳液とクリームって、どういう違いがあるの?

って思われる方は多いのではないでしょうか?


基本的には乳液もクリームも、同じ役割をしているのですが

違いがあるといえばクリームの方が

油分量が多くコッテリしています。


乳液はクリームに比べるとサラッとしていますよね。


油分量の違いと言えます。


使い方としては、まず乳液をぬって、

それでも乾燥する方はクリームの使用をオススメします。


化粧品メーカーによって

使い方・効果などは違いがありますので、

説明書をよく読んでから使用して下さい。


【乳液・クリームの正しいつけ方】


●乳液・クリームは基本的には

化粧水・美容液のケアを終えた後に使用します。


乳液・クリームは、ふたを閉める役割なので

仕上げで使用して下さいね。


スッとなじませるように、

やさしくつけましょう。


●特に乾燥する部分の目元や口元などには

クリームの油膜で補ってあげる事も必要です。


ポンポンとクリームをおいて、スッとなじませるように、

やさしくつけましょう。

         

正しいスキンケア方法

スキンケア1つ1つの意味と
正しいスキンケア方法を紹介していきます。

このカテゴリ内の記事


クレンジング(メイク落とし)
洗顔
化粧水
美容液
乳液・クリーム







Yahoo!ブックマークに登録