Top >  お肌の基礎知識 >  お肌の奥(真皮層)

お肌の奥(真皮層)

お肌の奥には真皮層という層があります。


真皮層は、お肌の土台のようなものです。


コラーゲンやエラスチンといったタンパク線維や

ヒアルロン酸などの多糖類やその他脂線・汗腺・毛包などと

細胞以外も主体となって構成されています。


コラーゲンとエラスチンは真皮層の約70%を占めており

皮膚の張りや弾力を保つ大切な働きをしています。


分かりやすく言うと、お肌を支えている状態になります(^‐^)ノ


エラスチンは真皮の約2%程しか占めていませんが

輪ゴムのようにコラーゲンに、巻きついています。


またヒアルロン酸は

コラーゲンとエラスチンの周りに存在しており

皮膚の水分保持に大変重要な役割をもっています。


ヒアルロン酸1gで約2ー6リットルもの

水分を保つ働きがあると言われています。


すごいですよね!(^∀^)


ヒアルロン酸がある事で、お肌にツヤを与え、

みずみずしさを保つ事ができるのです。


真皮を構成するコラーゲンやエラスチンなどの

タンパク質やアミノ酸というのは、とても重要なものです。


お肌の保湿効果を高めたり、

コラーゲンをつくるのに関係したりと

美容に重要な役割をもっています。

         

お肌の基礎知識

お肌のお手入れをする為に
まずは、お肌の基礎知識を知っておく必要があります。

トラブル対策の仕方などが、
とても分かりやすくなりますよ。

このカテゴリ内の記事


お肌の生まれ変わり
お肌の表面(角質層)
お肌の奥(真皮層)







Yahoo!ブックマークに登録