Top >  お肌の基礎知識 >  お肌の表面(角質層)

お肌の表面(角質層)

私達のお肌は、さまざまな細胞が

何層にも重なりあってできています。

(お肌の皮膚全体の厚さは約1.3ー1.5ミリ程)


お肌の最も表面にあるのが、角質層と言われる層です。


角質細胞はパイのように何層にも重なって出来ており

私達のお肌は、常に新陳代謝(ターンオーバー)を行っています。


お肌の基底層という細胞がターンオーバーによって

徐々に表面に押し上げられ

やがて角質細胞になって角質層を作ります。


そして最終的にはアカとなって剥がれ落ちていきます。


角質層そのものの厚さは、

たった0.02ミリ程で、かなり薄い層ですが

さまざまな機能をもち、働いています。


角質層は吸水性・保湿性に富んでおり、

うるおいを守る働きをしています。


健康なお肌(角質層)の状態は、

15ー20%の水分を含むことができます。


水分を含むと角質細胞がふくらんで、お肌にハリが出ます。


角質層は、化学物質や細菌、紫外線など

外部から肌の内部に侵入するのを防いでくれています。


また逆に、体内の水分やタンパク質などが

外に漏れるのを防いでいる働きもしています。


この働きを「バリア機能」と言われています。


このように、さまざまな役割を果たしている角質層ですが

あなたのお肌の、見た目以上の美しさを決定するのも

角質層の状態次第です。


美肌になる為には角質層を健康な状態に保つことが

肌の美しさにつながります(^‐^)ノ

         

お肌の基礎知識

お肌のお手入れをする為に
まずは、お肌の基礎知識を知っておく必要があります。

トラブル対策の仕方などが、
とても分かりやすくなりますよ。

このカテゴリ内の記事


お肌の生まれ変わり
お肌の表面(角質層)
お肌の奥(真皮層)







Yahoo!ブックマークに登録